女性向け求人にも様々な雇用形態があります

求人の雇用形態をチェック

昔に比べて、現在は多彩な業種が存在して、女性や男性、それぞれのライフスタイルに合わせた職種を選ぶことができるようになりました。それにより求人の雇用形態も様々なものがありますので、就職や転職をする際には忘れずにチェックするようにしましょう。

一般的な求人の雇用形態

  • 正社員
  • 契約社員
  • 派遣社員
  • アルバイト、パート

就職に悪影響が出る恐れがあります

こうした雇用形態の違いについて知らずに、求人に応募し就職をしてしまうと、「思っていた条件と違う」ということになりかねません。まずは正規社員と非正規社員の違いから覚えていくとよいでしょう。 正社員は正規社員、それ以外の契約社員やアルバイトなどが非正規社員となります。 正規社員では契約期間が定められておらず、非正規社員は一定の契約期間が決められているといった特徴などがあります。

雇用形態ごとに収入の額は大きく異なります

雇用形態は就職においてとても重要です。その理由としては、雇用形態ごとに得られる収入の額が違ってくるからです。「アルバイトやパートはボーナスがもらえない」というのはよく聞く話ですが、このボーナスによって生涯働き続けて得られる金額というものが変わってきます。一般的に正社員の場合、非正規社員に比べて得られる生涯賃金が約3倍になります。

最近は正社員として働く女性が多い

一昔前と違い、最近では女性の社会進出も増えてきていて、一般企業で働いている女性も多くなっています。また、そのほとんどは正社員として雇用されています。 正社員という雇用形態は、契約期間がないために非常に安定性があって、正社員ならではのメリットも豊富です。

正社員の持つメリット

収入の額が非常に多い
アルバイトや契約社員などの非正規社員の場合、時給である場合ことが基本となるので、初任給が低くなってしまいがちです。しかし、正社員は原則的に月額制となっていて、初任給でも安定した収入を得ることができます。それに合わせて残業手当などが追加されることもあるので、その収入は非正規社員よりも非常に高くなる事も少なくありません。
上の階級へ出世できる
正社員は必然的に長時間働き続けることになりますが、その分様々なチャンスがあります。昇進のチャンスもそれにあたり、仕事のキャリアや経験を積んでいくことで、更に上の階級にステップアップすることが期待できます。成果を出せば出すほどそのステップアップの可能性も上がっていくということも、正社員の魅力の1つでしょう。
スキルアップを図ることも可能
正社員は直接的な給与以外にもスキルアップをする機会が増えるというメリットが存在します。非正規社員に比べて、会社のバックアップで研修や勉強会に出席できる回数が増えるのです。そういった勉強会に積極的に参加していくことで、自身のスキルアップを図ることができるでしょう。本来は専門的な研修を受けるとなると、安くはない費用がかかってしまいます。ですが、会社のバックアップのもと、こうした研修に参加することによって費用がかからない、又は費用を抑えてスキルアップをしていくことができます。

昇給やボーナスが発生することもある

一定年数ごとの昇給や夏季や冬季にボーナスとして特別手当が出るというのも、基本的に正社員のみのメリットです。ボーナスは平均して1~2.5ヶ月分の給与となっていることがほとんどで、夏と冬の年に二回支給されるのが一般的になっています。

TOPボタン