女性に人気な正社員の求人ですがデメリットも存在しています

女性向け求人に応募する際の注意点

正社員は給与も高く福利厚生もしっかりしていて、契約期間も無期限となっています。仕事として非常に安定していることから、雇用形態でも非常に人気があります。しかしながら、正社員はメリットばかりではありません。どういったデメリットがあるかを見ていきましょう。

現役社会人が教える正社員のデメリット

正社員の方でも収入が悪化することはありますか?
現代日本で正社員を目指す人が多い理由として、原則的に終身雇用が約束されているためであるといえます。しかし仕事として安定しているとはいえ、企業の業績が悪くなってしまうと給料の減額やボーナスの減額・停止といった理由から給与が下がってしまう可能性はあります。
減額されてしまうと、場合によっては非正規雇用と同等の収入となってしまう可能性もあります。
その上サービス残業も発生してしまうと、非正規雇用の人より低い給与になってしまう危険性もあるということを忘れないようにしましょう。
残業の発生が多いのは本当ですか?
非正規社員と比べて、正社員は単純に仕事量が増えるために残業がどうしても多くなりがちです。また、正社員は非正規社員よりも労働条件に対しての制約も多くなっています。そのため、非正規社員と比較すると正社員は残業が多くなる傾向にあります。
ですから、どうしても仕事主体の生活となってしまうという点では注意が必要ですね。
最も辛いデメリットは何ですか?
よく聞くのは、「責任が重い」という点です。もちろん仕事をしている以上、非正規社員にも責任というものはついて回りますが、正社員の場合はその非正規社員が起こしたミスの責任も一緒に背負うこととなる立場となることが少なくありません。更に上の役職に上がっていくにつれ、その責任はどんどん大きな物となっていきます。
正社員から退職を希望する人の多くは、こうした責任の問題が原因となることも多いです。

TOPボタン